山級日記(やましなにっき)

マグメルというオリジナルTCGの製作記です。

1vs1のゲームが時代遅れだという話

九州の方では梅雨明けとなり、とうとう夏本番という感じですね。

日差しが強すぎて、大体帽子かぶってます。皆さんも熱中症にはくれぐれもご注意を。

 

 

今日は1vs1のゲームが時代遅れという話。

格闘ゲームトレーディングカードゲームといった1vs1のゲームで、勝敗を競い合い、楽しんで行くのは時代遅れという話をちょこちょこ聞きます。

皆で共通の敵を倒したり、ゲームに参加してる人たち全員が楽しめるほうが良いのではないかという話だそうです。

 

特にカードゲームはお金もかかりますしね。

プロという制度に疑問を持つ人も多いのは当然です。

僕自身としては、多人数戦よりも個人戦の方が大好きなので1vs1の方が大好きなんですけどね。

それに、負けた方も負けた方で、どうデッキを改良したらいいかとか感想戦の話しはかなり充実してて良いと思ってます。

この前のウィクロス 七夕祭りみたいなやつもとても皆優しくて、初心者の自分でもとても楽しくゲームすることができました。

f:id:fumihiko1203:20180710123403j:image
f:id:fumihiko1203:20180710123459j:image
f:id:fumihiko1203:20180710123431j:image

個人戦の良いところは、勝つ原因も負ける原因も自分にあるところだと思ってます。

全部自分の糧として次に繋がる。とても良いですよね。

個人戦好きな人も多いので、完全に無くすのもどうなのかなと少し思いました。

 

 

僕自身がメリットの方が多いと思ってる個人戦ゲームを、また作り続けていこうと思います。

MagMell 活動再開です!!

 

自作TCGの会@落合南長崎

参加してきました

今回は10人以上も参加して、とっても盛り上がる会でしたね。

前回の記事にも書きましたが、製作者の人口が増えてるのかもしれません。いい感じですね。

 

今日は、製作者人口が増える事による今後の展開を予想して行きたいと思います。

 

1.大会のブッキング

カードゲームは大会や交流会をしてなんぼだと思います。カードゲームが増えるなら、必然的に日程が被ります。

 

2.競合

そうなると競合が起きます。必然的に面白い方のゲームに集まりますし、付き合いでの参加等もなくなってきます。

 

3.淘汰

参加率が低いところは自然と今後の展開もしなくなっていき、淘汰されて行きます。2〜3弾と続かなくなります。

 

4.統合

どう考えても人手が足りないと気がつき、製作者同士で協力、統合します。こうする事でより効率よくゲームを作り、宣伝できるかと思います。

 

5.1に戻る

統合したゲームがまた増えてきて1に戻ります。

 

僕が考える今後の展望はこんな感じです。

現段階では1ですが、今後の製作者のやる気によって変わるのかなと思います。

煽ってるわけでなく、製作者の意欲を削ぐわけでもなく、これは自然な流れだと思うのでMagMellも淘汰されないよう頑張って制作していけたらいいかなと思ってます。

ゲムマ当選してますように!!

 

 

 

自作カードゲームを作る人が増えてきた

お久しぶりです。

6月は祝日もなく、寒暖差も激しくて生きにくい季節ですよね。なかなかに味気ない月かなと感じます。

ですが、僕が一番好きな花が咲く季節でもあるのでその点だけを見れば大好きです。

学名はHydrangeaと言います。

f:id:fumihiko1203:20180612220940j:image

 

今日は自作カードゲーム勢の話

僕自身も新参者ですが、カードゲームを作りたいという人が去年よりも増えてるのかなと感じます。ここから次の覇権を握るカードゲームが出てきたらとっても面白いですよね。

新しいものはとにかく触ってみたい性格なので、完成が待ち遠しいです。

 

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」

そんな言葉があります。

カードゲーム製作者だと考えるあなたは、どちらでしょうか?

趣味だから、誰にも文句言われたくない。

それなら僕もどうでもいいのですが...体験会等行ってる人は、少なくとも違うのかなと思うのであえて書いてみました。

 

制作で悩んでる人は、是非、MtGのコラムを穴が空くほど読んでから製作に取り掛かることをお勧めします。

世界中のトランプのルールを把握する事も、同様にオススメしたいです。

 

結果が出てなく、ポッと出の人にこういう事を言われるのは癪に思う人もいるかもしれません。

そういった人間性の人は構わず、向上心があり、より良いカードゲームを作りたいと考えてる人は先程のことをまず実践してみてください。

少しだけ制作の先輩としてここに書いてみました。

ポッと出の人のままなので、秋のゲムマで結果を出せる人になれる様、僕も頑張ります。

 

もしよろしければ、応援していただければ幸いです。

 

カードデザイン

梅雨がもう目の前に迫ってますね。

晴れた日は日差しが強く、もう帽子が手放せなくなりそうです。

できればサングラスも欲しいですが...色付きのメガネでもいいから買おうかなと考えてます。

 

 

今日はカードデザインの話。

前回の研究会にて、カードデザインの話が上がりました。

①参照する数値は少ない方がいい 

②コストと攻撃力のケタを変える

③左に情報を寄せる

 

他にも様々なことに関して議論しました。

そんな僕が、既存のカードゲームのなかで気に入ってるデザインを紹介したいと思います。

 

 

ドレッドノート 

もう終わったカードゲームですが、カードデザインについてはとっても見やすく感じます。

イラストの外側にフレームがないですが、あんまり違和感ないです。

f:id:fumihiko1203:20180604115403j:image

白猫カードゲーム

f:id:fumihiko1203:20180604115520j:image

これも似た感じですね。コストと数値のケタが同じってのは気になりますが、数値の左にあるアイコンのおかげでとてもわかりやすくなってると思います。

 

ゲームの中身とかは度外視した、カードデザインのみの話でした!

先ほど話に出たカードゲーム研究会ですが、自分でカードゲーム作られてる方やイラストレーター様が集まり、大変アグレッシブな会議となっています。自分だけで煮詰まってる方とかいましたら、是非いらしてください。

とても建設的な話ができると思います。

 

毎週土曜の21:00〜!

http://twipla.jp/events/320007

 

 

 

不釣り合いかもしれない生産数

日差しが強くなってきましたね。

そろそろ防止とサングラス欲しいなーって思います。変な人にならない程度に日差し対策は行なっていきたいですね。

 

 

MagMell生産数のお話

MagMellは50セット作るつもりです。

赤、緑のセットで3000円

スターター2つ分だしこんなものかなと思ってるのですが...

バランスよく構築すると、1枚だけのカードとかが入ってしまうんですよね。

それが3枚欲しいとなると3つ買わなくちゃいけないわけです。TCGではよくあることですが、ちょっとどうなのかなとか悩んでます。

そうすると50作るのでは少なすぎるのでは?そんな疑問が過ぎります。

ただ、人生初めての事なので先ずは自分の知り合いに届く範囲という事で50という結論に達しました。

ゲムマの申し込みも初日のみかな。2日だらっとやるくらいなら1日で気合い入れてやった方がいい気がします。

 

まだ先の話ですが、ぼんやりとそんなことを考えています。積極的なプレイヤーさんの手の元に届けば嬉しいとウィスカちゃんも言っていました!f:id:fumihiko1203:20180529121832j:image

 

MagMell Cardgame Startset カードリスト(緑)

魔石カード20枚

緑の魔石・・・20枚

 

ユニットカード27枚

女子力高い妖精・・・3枚

跳躍ウルフ・・・3枚

陰気なおばけ・・・3枚

強気な少女・・・3枚

蜘蛛女・・・3枚

ファッティ君・・・3枚

シンラ・キサラギ・・・3枚

ミヤコ・ホヅミ・・・3枚

イノ・クローチェ・・・3枚

 

呪文カード13枚

能力開放・・・3枚

魔力補填・・・2枚

童話の力・・・2枚

強制返還・・・2枚

三尺秋水・・・2枚

新たな目覚め・・・1枚

山紫水明・・・1枚

MagMell Cardgame Startset カードリスト(赤)

魔石カード20枚

赤の魔石・・・20枚

 

ユニットカード24枚

意識高い妖精・・・3枚

跳躍ウルフ・・・3枚

いたずらおばけ・・・3枚

おっとり少女・・・3枚

蜘蛛男・・・3枚

ヴァニタス・ゼアノート・・・3枚

アンリエッタ・・・3枚

ペトルーシュカ・・・3枚

 

呪文カード16枚

コメットシュート・・・3枚

炎蛇の鞭・・・2枚

フレイムブラスト・・・3枚

火葬・・・1枚

スターコメット・・・2枚

パイロスプレッド・・・2枚

イレプション・・・2枚

スターブレイカー・・・1枚